その3:電子手形割引(随時割引)の流れ

[例]納入企業A社が電子手形の割引を必要な都度、行う場合電子手形割引(都度割引)の流れの図
(1)
納入企業A社がFAX、またはWEBで三菱東京UFJ銀行に割引申込を行います。(1,000円以上1円単位での小口割引も可能です。)
電子手形決済サービス申込書(割引用)拡大
電子手形決済サービス申込書(割引用)「金額指定方式」と「債権指定方式」の2つの方式のうち、どちらか一方をご指定ください。
電子手形決済サービス申込書(割引用)拡大
割引を行いたい債権を選択ののち、割引希望日、割引申込金額を入力して割引申込の申請をします

(2)
納入企業A社へ「割引申込受付のお知らせ」がFAXで届きます。(FAXによるお申し込みの場合のみ)WEBサービスをご利用の場合は、申請照会画面で割引申込内容の確認が可能です。
電割引申込受付のお知らせ拡大
割引申込受付のお知らせ

(3)
納入企業A社へ「割引のお知らせ」がFAX、またはE-Mailで届きます。
※このお知らせが到着したら割引の取り下げはできません。
割引のお知らせ拡大
割引のお知らせ
[割引のお知らせ]WEBにログインしていただき、「通知照会」画面をご覧いただくと、割引予定が確認できます。拡大

(4)
割引希望日になると、割引手続きが完了し、納入企業A社の指定の口座に割引代金が入金されます。
※入金される割引代金は[=割引対象債権の額面金額-割引料-決済事務手数料]となります。

電手決済サービスご照会窓口

三菱東京UFJ銀行 電手・でんさいコールセンター 0120-103-172
※フリーダイヤルがご利用いただけない場合は03-5730-1963
※照会時間:銀行営業日の9:00~19:00